1
さすがに図面までは引きませんけどね、そういう技術もないし。
でも、それなりに採寸して、メモしてスケッチして。
全くのフリーハンドではステーは作れないのです。

2
左が純正のヘッドライトユニット。
H4ハロゲンバルブの時代ですから、昔の標準的な形状でしょうね。
左端の縦に並んだ2ヶ所と右端の1ヵ所に光軸調整のボルトが刺さって上下左右の光軸調整をするのです。
右のLEDヘッドライトにはそのような物は付いていませんから、自作ステーで固定・調整できるようにするのです。

3
いきなり完成品ですが、こんな物でも半日近く格闘しています。

4
いいんじゃないかなぁ…。
並べて比較した限りでは大丈夫そうですが、ケースに納めるまでは何とも言えません。

1
さて、外径がかなり違っている点も問題ですね。
6.25インチなんてものがあればジャストフィットしそうですが、世の中にそういった規格の物は多分存在していません。

2
スポンジゴムのマットを丸くくり抜きました。
これでサイズ合わせをしましょう。

3
黒いのと光り物とで比較しずらいですが、外径は同サイズです。

1
ケースに納めてコーキングしてヘッドライトユニットはとりあえず完成。
今のところはまずまず順調♪

1
事故車じゃないよ。
ヘッドライトユニットの装着を待つ車両本体。
グリルやバンパーカバーを外すと情けない姿ですね。

[続く]