5
フランジの崩壊したモトコンポのエキパイ。

1
これでいいかなぁ。
ホームセンターで外径30mmのワッシャーを購入、1個25円也。

2
ギリギリ排気口にはまるのでサイズとしては問題ない。
エキパイに溶接してもらい、後から穴を拡大すれば良いのではないか?

3
ピンボケですいません。
結局、番線(足場や支柱の固定などに使用されるなまし鉄線)の方が柔くて加工しやすいのではということになり、番線を排気口に入る大きさに丸め、プレスして輪っかを作り溶接してもらいました。

4
溶接は内側から。
出っ張りを削って、ガスケットの接合面を平らにしたら出来上がり。
やや雑ですが問題ないでしょう。

5
割れたステーも裏から溶接して面を整えます。

6
表面にはワッシャーを当てて強度を稼ぎます。

7
やや雑にも見えますが大丈夫でしょう。
そもそも使っている鉄板が薄すぎる。
突貫で開発されたモトコンポらしいといえばそれもありです。

帰宅してモトコンポに装着。
排気漏れもなくグラつきもなくバッチリです。
耐熱スプレーが欠品しているので、後日錆を落としてから仕上げる事にしましょう。

8
ボデーシェルを装着。
磨きを入れるとまだまだ艶やかイイ感じ~♪