LEDウインカー装着後、左右同時点灯してしまう問題に対策を行いました。

1
マニュアルの回路図を見ながらメモに書き直し。
他の回路が見えると途中で混乱してしまいますからね。

バッテリーから供給されるDC6Vは、メインスイッチ経由でフラッシャーリレーに行き、その後フラッシャースイッチで左右に分配される。
右の前後ウインカーバルブ(8W)と並行でフラッシャーパイロットランプ(3W)に行き、左のウインカーバルブを経由してアースに…。
左側の場合は同じくフラッシャーパイロットランプ経由で右ウインカーに…。
という事は、右が点灯している時は、左もぼんやり点灯しているのかもしれないな。
何というアナログチックな回路。
こりゃあ左右同時点灯する訳だわ。

2
同時点灯防止のための対策回路図。
ネットでググると、同じような加工をした例がたくさん見つかりました。
市販品も1,000円程度で売っていたりする
そういえば前に見た事あったかもしれないなぁ。

3
手持ちの材料でちゃちゃっと作りました。
理屈が判れば簡単な事です。

早速装着。
さてどうだ?

あれ、パイロットランプが点かない。
もしかしてダイオードが反対だった?
折角綺麗に出来たと思ったのに~。

ダイオードを反対に入れ直したらバッチリ、ウインカーもパイロットランプも点滅するようになりました。
めでたし、めでたし♪